口頭試問

口頭試問

口頭試問と面接の違いはなんですか?

小学校受験の面接は、ほとんどが親子面接になります。しかし口頭試問の場合、試験官とお子さまの2名で行います。今から少し詳しく説明しますね。


口頭試問とは子供だけの面接

口頭試問とは、ご家庭での日常生活の会話が表面化する大切な試験です。一般常識や社会的ルールなど、問われたことに対して自分の考えをきちんと自信を持って伝えることが重要となります。

①自分の名前をしっかりと言えるか。
②お返事や挨拶をしっかりと出来るか。
③姿勢を整え、保てるか。
④ハキハキと適切に答えられるか。
⑤「です」「ます」をつけて話せるか。
⑥相手の目を見て話せるか。

など、普段の生活や言葉遣いが問われる試験です。
発想力や語彙力を高め、自分の言葉できちんと回答ができるように日頃から言葉の使い方や元気に話すことを個別で指導を行います。

<対象校>
青山学院初等部、学習院初等科、白百合学園小学校、田園調布雙葉小学校、国立音楽大学付属小学校、自由学園初等部、玉川学園小学部、東星学園小学校、明星学園小学校、和光小学校、和光鶴川小学校、東京学芸大学付属竹早小学校、筑波大学附属小学校など

正会員(一般) ¥10,000/1回(60分)
コンサルティング契約をしている方は ¥5,000/1回(60分)

 

受験コンサルティング

面接マナー講習

ペーパー強化コース

総合特別コース

女子校特別コース

タイトルとURLをコピーしました